ありがとう。リスアニ!LIVE-5


1月の24日と25日に武道館で行われたリスアニ!LIVE-5に行ってきました。

自分が参加したのは2日目だけでしたので2日目の感想をつらつらと。

SUNDAY STAGE 出演者

LiSA/KOTOKOZAQClariS三森すずこKalafinafripSide (出演順)

LiSA

なんといっても1発目のLiSAですね!

この日は、Rising Hopecrossing field、L.Miranic、アシアトコンパス、シルシNo More Time Machine の6曲を披露してくれました。

 

Rising Hopecrossing fieldは最早フェス系の定番なのでうれしさこそあれ驚きはなかったのですが、L.Miranicは嬉しいサプライズでした!

最高にカッコよかった!

そしてLiSAといえばコール&レスポンスですね。

先日のワンマンでもやった「らったらったったった、yeah」のC&R。

改めて感じたLiSAの驚異の肺活量。そして当然ついていけない観客ww

でも楽しかったなあ。

あとはこちらも定番のアシアトコンパス。

この曲はとにかく踊りました!

席が2階の前列だったのですが、おそらく相当目立っていたのか、LiSAのサムアップいただきました(完全に認知厨ですね笑)。

(誤解の無いように言っておくと、あくまで自分の席で他人に迷惑をかけない範囲でやったつもりです。)

 そしてシルシで終わりかなーと思ってたところにNo More Time Machine

何度聴いてもいい曲だなー。

ライブにこの曲を入れるあたりにLiSAのライブに対する想いが込められてるんじゃないかと個人的には思います。

今というかけがえない時を大切にしたい改めてそう感じさせてくれる素敵な曲。

 

いやー本当に堪能しました!

KOTOKO

 KOTOKOは正直あまり曲を知らなくて…。

会場はすごく盛り上がってたし、パフォーマンスも圧巻でした。

そして何といってもあの声量と無尽蔵の体力ですよ。

MCなしの7曲ノンストップで最後まで歌いきるなんて恐ろしすぎますよ。

わっしーことMCの鷲崎さんも触れてましたが、本当にあの小さい体のどこにそんな体力があるのかと。

とにかく凄かった!

ZAQ

きましたZAQさん。

ライブ映えするアーティストです。

もちろん曲も最高なのですが、この人のいいところの一つはこういうフェス系のライブイベントで披露してくれるオリジナルラップですね!

正直、初めてZAQのライブを観たのがアニサマ2014なのでそれ以前がどうだったかは分からないのですが、自分の中では今回もやってくれると信じてました。

当然初披露(というかこの日のためだけに作った曲)なのですが、C&Rが入ってました笑。

いきなり「えびばでぃせい”L”」とかかましてくるので当然最初はついていけなかったのですが、そこは流石プロの観客(笑)達、3回目ぐらいには完全に完成してましたね。

こういうその会場だけの"生感"を大切にしてくれる人なんですよ。

これがライブの醍醐味の一つであると個人的には思います。

指くるくるもできたしとても楽しかった!

ClariS

このユニットに関してはまず謝罪が必要ですね。

前情報で、今までこういうライブに出てもシルエットが映し出されるだけなどと聞いていたもので、正直休憩時間だな(本当にすみません)と思っていました。

ですが、今回はそうではなかったのです。

 

ClariSは実在したのです。

 

 実際は顔をベールのようなもので覆っての登場だったのですが、それは顔出しをしないというClariSのコンセプトなので全然問題ないし、むしろそこに神秘性のようなものがあっていいと思います。

隠されると気になるというやつです。

 

今回は、ステージ上にはまぎれもなく2人の高校生の女性らしき姿があったのです。

歌って踊ってトークをしていたのです。

ええそうです。それが実際に歌声を聴いてる2人である保証はどこにもありません。

ですがそこを詮索するのは野暮ってもんだと個人的には思います。

ワンマンライブも決まったようなのでこれからの活躍に期待です。

三森すずこ

ソロで歌って踊るみもりんを生で観たのは今回が初めてでした。

初めて生で観た感想は、"かわいい"です。

この"かわいい"はもちろん外見的な意味も含まれていますが、個人的にはそれよりも歌と動きなどから感じたものが強かったです。

とにかくずっと笑顔で楽しそうだし、振り付けもかわいい。

ただそのかわいさの中に時折見えるダンスのキレもあり、素敵でした。

自然とこちらも笑顔になるそんな時間をくれました。

ああアイドルだなあと。

新曲も2曲披露してくれましたし、本当に素敵な時間をありがとうございました。

Kalafina

生でも安定した歌声。いつ聴いてもすごい。

今回知ってる曲はheavenly blue だけでしたが、その他の曲もよかった。

リスアニ!LIVEに最初からずっと出演されてるのは知らなかったなあ。

喋るとなかなかアホっぽいと感じたけど、それも魅力の一つだね。

ギャップってやつです。

fripSide

大トリはやっぱりこのユニットですね。

登場前に映像が流れ始めました。

その映像によると、何やら昨年に今年はレールガンの曲全部歌うと大見得を切った模様ww

その結果、リスアニ側から大トリやらせてやる(いや、大トリやれのが正しいか?笑)とのお達しがあったとの説明が(どうせ大トリだったのでは?というツッコミはなしで)。

 

かくして八木沼悟志は大トリ悟志へと変貌を遂げたのである。

 

そんなfripSideの1曲目はblack bullet

こちらは昨年行われたリスアニ!LIVE-4で主題歌担当を発表した曲である。

この曲を1曲目にもってくるところなんかも去年との繋がりを感じますね。

オレンジと赤に染まった会場がきれいでした。

そのあとは劇場版ハヤテのごとくの主題歌であるHeaven is a Place on Earth

そしてsatさんがシンセからアコギに持ち替えて披露されたのがeverlastingです。

fripSideというとどうしてもテクノ調であったり、アップテンポでキャッチ―な所謂アニソン的な曲をイメージされる方が多いと思うのですが、こういうバラードのようなスローテンポの曲も魅力的なのでぜひ聴いてみてほしいです。

南條さんの声ってバラードに合いますしね。

 

この後のMCで南條さんが「LiSAちゃんがトリだと思ったでしょー?」と切り出しました。個人的にはそう思ってなかったのですが、会場の反応を見るとLiSAがトリだと思ってた方が多かったみたいですね。

でそのあと「遅れてきてLiSAちゃん見れなかった人もいるんじゃないですか?」と続けます。

会場は微妙な反応ww

「あれ?あんまりいないのかな?」と若干弱気になる南條さんでしたがめげずに再度「LiSAちゃん見れなかった人もいると思うんですよ」と。

何でそんなにしつこく聞くんだ?wwと思っていると、「そんな人のためにカバーさせてもらいます!」と言うじゃないですか!

もう会場は一気に大盛り上がり。

その勢いのままfripSideによるRising Hope(途中まで)

南條さんはLiSA好きって聞いていたので、このコラボには嬉しさとかいろんな気持ちがこみ上げてきました。

そして終わって一息ついたときにsatさんがすかさず「それでは聴いてください『それは僕たちの奇跡』」と言いそのまま演奏開始ww

戸惑う南條さん、会場は一気に水色に。

南條さんは自分のパート以外は歌えないのかしばらく歌ってなかったのですが、それを察知した観客たちで大合唱(なお、曲は途中まで)。

終始戸惑いっぱなしの南條さんでした。

サプライズを仕掛けられる南條さんはfripSideのライブの恒例になってますね笑。

 

そのあとはお待ちかねのレールガン楽曲をメドレーで披露してくれ、最後にsister's noiseで大いに会場を盛り上げてくれました。

おわりに

去年よりも出演アーティストの数を減らし、曲数を増やした今回のリスアニ!LIVEでしたが、とてもボリュームのあるいいライブでした。

来年、リスアニ!LIVE-6の開催も決定されましたし、今から来年が待ち遠しいです。

次回は楽曲やトークパートなどでアーティスト同士の共演あったら嬉しいなあ。

 

ありがとう。

 

LiVE記録@2015

1月

・LiVE is Smile Always~PiNK&BLACK~ 

  DAY1~いちごドーナツ~ 6800

  DAY2~ちょこドーナツ~ 6800

・リスアニ!LIVE-5

  SUNDAY STAGE 7560