くりん×ぶろぐ

好きなことをつらつらと

2.5に込められた意味を探しに(Tokyo 7th シスターズ t7s LIVE -INTO THE 2ND GEAR 2.5- に参加した1人の支配人による雑記)

スポンサーリンク


はじめに

2ndライブですっかりナナシスにハマり支配人業に復職したぼくは1/15(日)に大阪のなんばHatchで開催されたナナシスの2.5ライブの昼公演に参加した。

およそライブレポとは言い難い、思いのたけを書きなぐった結果をここに残しておく。

f:id:kurin31:20170115131136j:plain

開演前

少し遅れてしまい13:30ごろになんばの地下街を通って会場の前に出ると建物の隙間から青空が見えた。
天気に恵まれてよかったなーなんて思いながら会場に向かって歩いていると、雪が少し降っていることに気付く。

今回のライブはナナスタのメンバーのみで開催される。そんなときに「ぼくらは青空になる」と「Snow in “I love you”」をイメージさせるこの光景を目にしてしまいテンションが上がらない訳がなかった。
きっと今日のライブは素敵なものになる。まったく根拠はないけどそんな気持ちになった。

さあ荷物を預けていざ入場!と思いロッカーを探すと・・・空きがない笑。
いくら探しても一つも空きがなかった。
だが幸いなことに一緒に会場まで行った人たちが2階席だったので荷物を預かってもらえることになった。
(のちのち聞いてみたら2階に上がったところにもロッカーがあり、そこに預けていただけたそうな。本当に助かりました。)

そんなこんなで無事入場。気付いたら開演15分前とかだったので当然会場は多くの支配人たちでいっぱいだった。
その光景を目の当たりにしてさらにテンションは上がる。

2034年はもうすぐそこまできてる。

開演

開演までにパフォーマッチを消化しないと←と思いプレーしていると我らがナナスタの敏腕ジャーマネ、コニーさんからライブの注意事項がアナウンスされた。
アナウンスが終わりモニターに映し出される今日の日付。

いざ2034年へ。

オープニングムービーが終わり、1曲目は「僕らは青空になる」。
777☆SISTERSのみんなが出てくると会場は一気に大きな歓声に包まれる。
2ndライブでは一番最後に披露されたこの曲を開幕一発目に持ってくることで2ndとの繋がりを感じた。
そしてその勢いのまま「KILL☆ER☆TUNE☆R」、「Cocoro Magical」と続く。

そしてMCへ。
ここでハルちゃん役の篠田みなみさんから「MCたくさん入ります」宣言。
そうきたか!という思いとMCたくさんあるとダレそうだなーという複雑な思いが笑。
だが、この複雑な気持ちはすぐに吹き飛ばされることになる。

ここでMCパート1回目。
最初のMCのメンバーは、篠田さん、ヒメちゃん役の中島唯さん、スイちゃん役の道井悠さん、晴海カジカ役の高井舞香さんの4人。
と、ここで少し落ち着いてきて"あること"に気付いた。
それは、キャストのみなさんがそれぞれキャラとしてMCをしているということ。

ここは2.5次元だった。

そこにいるのは間違いなくナナスタのアイドル。ぼくたち支配人が育ててきたアイドル。
そのことに気付いた瞬間景色が変わった気がした。
ここはもう大阪じゃない。OSAKA-03なんだ、と。
2017年のこの現実世界と2034年のTokyo 7th シスターズの世界がこのライブを通して繋がった、そう感じた瞬間だった。
(終演後に支配人仲間と話していて気付かされたのだが、モニターにTokyo-7thの絵が映し出されているなど演出面でもさまざまな工夫があった。)

2.5の意味ってなんだろうというテーマのもと進んだMCが終わりに近づくと次の登場アイドルの紹介が始まった。

ツンデレ、スパッツ、とんこつ」という雑(笑)な紹介で登場したのはLe☆S☆Caの3人。
「YELLOW」、「Behind Moon」の2曲を披露。
「Behind Moon」の振り付けが2ndの時から一部変わってた(はず)。
その後は3人のMCコーナー。
「さっきのMC酷くなかった?」という吉井彩実さんがもうまんまウエバスでうわぁー!ってなったり(語彙力)藤田茜さんがスパッツ見せようとするところなんかそんなしたら危ないよ!と思いながらも目がいっちゃう大胆さでレナちゃんそのものって感じだった。
おどおどしながらも言葉を丁寧に紡ぐ植田ひかるさんはもうホノカにしか見えなくて・・・。とんこつラーメンの話になるとテンション上がっちゃうところなんか見せられたら「この子においしいとんこつラーメンを食べさせてあげたい」って気持ちにもなるよ。
この日唯一新曲を披露するLe☆S☆Caは相当なプレッシャーがあったと思うけど、このMCからはそんな緊張を微塵も感じさせない、いつもの3人がそこにはいた。

そんなわちゃわちゃしたMCが終わってユニットコーナーが始まった。
各ユニット1曲ずつ歌って入れ替わるという構成で合間にMCがなかったので襲い掛かってくる曲たちに感情が全然ついていかなかった。曲中にキャラとして煽り入れてきたりするもんだから勘弁してくれって脳が嬉しい悲鳴をあげてた笑。
特に印象に残ってるのがSiSHの「お願い☆My Boy」で道井さんが移動間違えて麻夏さんがセンターに入ってこれずに軽くぶつかってお互い苦笑いしながら歌ってたところ。
こういうちょっとしたハプニングがライブって感じでとても微笑ましかった。この後バックステージで必死に謝るスイちゃんと「大丈夫ですよー」って優しく微笑むシズカを妄想できてとても捗った←

ユニットパートその1が終わると2回目のMCパートへ。
メンバーはスミレ、モモカ、ロナ、スースの4人。前のMC組から流れを引き継いで恋バナをテーマに進んでいった。
率先して恋バナしたがるスース。「誰か恋バナしたい人ー?」とスースが尋ねるとモモカが真っ先に手を挙げた。
会場の支配人はみんな「あぁ、恋愛モノのアニメ見たんだな」と思ったことでしょう笑。
案の定その通りだったモモカの話は却下されスミレとロナのどちらに話を振ろうかと2人に近づき始めるスースと逃げるスミレ、ロナ。
このへんのやり取りは本当にいつもゲームで見てるナナスタの日常って感じだった。
ステージ下手に逃げていくロナが掴まりロナの好きな人を発表するという流れに。
自分も含め周りからはちらほらと「おや?この流れは・・・笑。」的な空気を感じた。ロナは見事その推察通り「私の好きな人は・・・ニコ様です!」と返答。スースの「さすがローナ。分かってるわね」というやりとりの後ろでかかる「SEVENTH HEAVEN」のBGM。そして踊るロナとスース。ゲーム内のエピソードでちょくちょくセブンスの曲をライブでやる件とかあるし、ミュージカルっぽくこのまま歌い出してもおかしくないのではと思ってしまった(残念ながらそれは叶わず笑)。
と、きれいにオチがついたところでMCパートが終了し再び楽曲パートへ。

トップを飾ったのはNI+CORAで「Girls Talk!!」。ライブで盛り上がる曲であることはもちろん恋バナの流れからの「Girls Talk!!」という見事な構成に会場のボルテージは急上昇。
もうだいぶうろ覚えだけど、曲中にスースがムスビに「ムスビの好きな人は?」みたいなことを聞いたりするもんだから思わず叫んでしまうぐらい盛り上ったなぁ。
サンボンリボンの「セカイのヒミツ」ではカジカのソロパートのときに「がんばれ!」って思いながらこぶしを強くにぎりしめてた。
そして続いてはWNo4で「SAKURA」。2ndで初めて聞いたときにその楽曲のよさと切なげに力強く歌う演者さんの姿に見とれてしまったけど、今回もまた素晴らしかった。
もう自分の脳がステージに立っている人をナナスタのアイドルとして認識してしまっていたので胸に迫ってきた。途中で脳内を「SAKURA」のジャケ絵がよぎったあたりから涙腺がおかしくなってしまった。
これは次の曲まともに聴けないなって思ってたけど「さよならレイニーレイディ」が流れ出した途端、体が勝手に踊り出してた笑。
そしてそのままの流れでLe☆S☆Caが登場。そして流れる「トワイライト」。
新曲だしMC入れてから歌うと思ってたので突然のことすぎて思考が追いつかない・・・。
この人たちはさっきラーメンの話で盛り上がってた人たちと同一人物なのかと疑いたくなるほどに切なくセクシーに歌い上げていた。
そして立て続けに「タンポポ」を歌う3人。よくこんな振り幅のある曲を瞬時に切り替えて歌えるなと感心するぐらい楽しげに歌っていた。
大サビでマイクを向けられたので待ってましたとばかりに全力の「君だよ」で応えた。
前の方からは割としっかりコールが聞こえてきたけど自分の周りは自分の他に何人いたんだ?ってレベルだった。
このコールはLe☆S☆Caが出演したLINELIVEで3人がぜひ歌ってほしいと言っていた部分なのでもっと浸透してほしいな・・・。
正直、ナナシスのLINELIVEはアーカイブないし配信時間も平日の割と早い時間なので視聴できない人が結構いただろう(自分もその一人)。公式さん、せめてアーカイブだけでもお願いします!
タンポポ」が終わるとはる☆ジカ(ちいさな)による「ハネ☆る!!」。
元気いっぱいな2人の姿につられて会場の支配人たちも楽しくハネて盛り上がった。

ハネ終わると次はムスビちゃん、シズカ、サワラさん、しぃちゃんによるMCパートへ。
ムスビが断固として恋バナを拒否し代わりのテーマを考える流れに。「はい」と手を挙げるシズカ。
嫌な予感がすると言いながらムスビが話を振ると「大阪だけに笑顔をさかせましょう」と、シズカ。
お、おぅ・・・と思いかけると「説明しよう」としぃちゃんがシズカの前に割って入って解説を始めた笑。
この時は「くわちゃんが出てきてるぞ」と思ったけど、今思い返してみると瞬時に空気を読みフォローに入るという優しく賢いしぃちゃんらしさがよく出てたシーンだったような気もする。
そんな中、サワラお姉ちゃんによって2.5の意味を考えるという方向性に。みんなが悩んでる中、またしてもシズカが口を開く。次はどんなダジャレでくるんだ?と身構えていると「わたしたちと支配人を繋ぐものです」と答えた。
するとムスビ(だったかな?)が「急に真面目!」と会場の支配人一同の気持ちを代弁してくれたのには思わず笑った。
「物理的にも近いしねー」とサワラお姉ちゃん(だったような気がする)が続いた。
これは本当にその通りで、このライブが小さいライブハウスで開催されたからこそ味わうことのできた空気だった。一体感とでも言えるだろうか。

きれいにまとまったところで冬の足音が聞こえるようなあのイントロと共に777☆SISTERSのメンバーがステージに集まってきた。
披露される曲はもちろん「Snow in “I love you”」。
『会えない日々の寂しさが 今日はきっと奇跡に変わるの』
今こうして繋がれたこと、これは素敵な奇跡だとそう確信した。
そして「H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!!」。そのメロディはぼくらにしっかりと届いたよ。
そして「H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!!」が終わると暗転しムービーが流れる。おなじみのナナスタの背景がスクリーンに映し出されると、ナナスタのアイドル1人1人からこれまでの感謝と今後ともよろしくというメッセージが届いた。
こんなつなぎ方はずるいっすよ。ホント。
ここで支配人とナナスタのアイドルが強くつながった気がした。ここからまたボクらで始めよう。
支配人としてこのナナスタのアイドルたちにもっともっといろんな世界を見せてあげたいし、何よりぼく自身が彼女たちのいろんな姿をもっと見届けたい。
そう強く胸に刻んだ。

最後に全員が登場し「FUNBARE☆RUNNER」が始まった。777☆SISTERSLe☆S☆Caがバトンを繋いでいく光景はこれから先も歩みを止めることなく続いてくナナスタの未来を予感させてくれた。
君とつなぐバトン どこまでも行けるような気がしてる。本当に心の底からそう思えた。

最後にキャストからの挨拶がありナナスタのライブは閉幕した。


最後の挨拶以外は全編を通してキャラに徹するという姿でぼくたちをTokyo 7th シスターズの世界に連れて行ってくれたキャストのみなさんをはじめとしたすべてのスタッフに言葉では表せないほどに感謝をしている。

2.5すごい。こんなことになるなんて微塵も想像してなかった。

昼の部が終わった直後の感想。これに尽きる。

おわりに

全体を振り返って、今回はボーカルの被せがなかったことでよりライブ感を強く感じた。
もちろん被せがないことによって声が出ていなかったり音を外したりという場面は幾度となく見受けられた。
でもそれがよりこのライブでのお互いの距離感を近づけてくれた気がする。
ライブは生物(いきものでありなまもの)だなということを改めて強く感じた。
音程を外さす綺麗に仕上がったものが聴きたいならCDを聴けばいい。
ただ、ライブは違う。いつ何が起こるかわからない。その日の演者の体調、観客の反応、会場など様々な要因が合わさって一つの形になる。
じゃあいつでも被せなしでやればいいじゃんと思うかもしれないけどそうはいかない。お金を払って観に来てもらってる以上、ある程度のクオリティは当然求められる。
きっと練習は厳しく大変だったのだろう。その練習をこなしあのクオリティに仕上げた演者のみなさんには頭が上がらない。
そして被せを入れないという決断をしたスタッフにもすごく感謝している。
みんながこのライブを少しでもいいものにしようと努力してくれた結果なのだと思う。
本当にいいライブだったと心からそう思えた。本当にありがとうございました。

これから先、彼女たちがどんな姿を見せてくれるのかが楽しみで仕方ない。

セットリスト

  1. 僕らは青空になる / 777☆SISTERS
  2. KILL☆ER☆TUNE☆R / 777☆SISTERS
  3. Cocoro Magical / 777☆SISTERS
    -MC1 ハル ヒメ スイ カジカ-
  4. YELLOW / Le☆S☆Ca
  5. Behind Moon / Le☆S☆Ca
    -MC2 Le☆S☆Ca-
  6. PRIZM♪RIZM / WITCH NUMBER4
  7. お願い☆My Boy / SiSH
  8. オ・モ・イ アプローチ / NI+CORA
  9. たいくつりぼん / サンボンリボン
    -MC3 スミレ モモカ ロナ スース-
  10. Girls Talk!! / NI+CORA
  11. セカイのヒミツ / サンボンリボン
  12. SAKURA / WITCH NUMBER4
  13. さよならレイニーレイディ / SiSH
  14. トワイライト / Le☆S☆Ca
  15. タンポポ / Le☆S☆Ca
  16. ハネ☆る!! / はる☆ジカ(ちいさな)
    -MC4 ムスビ シズカ サワラ シンジュ-
  17. Snow in “I love you” / 777☆SISTERS
  18. H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!! / 777☆SISTERS
  19. FUNBARE☆RUNNER / ALL CAST